ペニス増大サプリ成分「アルギニン」で成長ホルモンを作る

成長ホルモンの役割とは

成長ホルモンは男性器の成長に欠かせないホルモンのひとつで、二次性徴期に多く分泌されることで男性器が成長します。成長ホルモンは脂肪の代謝を促進したり、筋肉組織を強化する働きがあります。思春期を境に身長が伸びたり体の骨格が成長するのは、成長ホルモンの作用によります。

成長ホルモンは子供が大人に成長する際に必要不可欠な存在ですが、加齢により分泌量が減少することが知られています。40代になると、体内で分泌される成長ホルモンの量が若い時と比較して約半分に減少します。成長ホルモンの量が減ると体内で細胞分裂が衰えてしまい、スタミナ低下・性欲低下・筋肉の減少・骨密度の低下、などの問題を引き起こします。

成長ホルモンが不足することは身体の老化に関係しており、男性器の勃起不全や中折れなどを起こしやすくなってしまいます。ペニスを大きくするためには、成長ホルモンの分泌が必要不可欠といえるでしょう。このため、多くのペニス増大サプリには成長ホルモンの分泌を促す成分が配合されています。

ペニス増大サプリに配合されているアルギニンの働きとは

アルギニンはほとんどのペニス増大サプリに配合されている定番の成分で、血管を拡張させることで陰茎海綿体に流入する血流を増やす作用を持ちます。血行促進効果に加えて、体内のホルモンバランスを整えるという働きもあります。ペニス増大サプリに配合されているアルギニンは、成長ホルモンの分泌を促進することでも知られています。

アルギニンは体内で合成される成分(アミノ酸)のひとつで、脳下垂体に作用することで成長ホルモンの分泌を促進します。加齢とともにアミノ酸の生成量が減少し、成長ホルモンの分泌量が減って老化につながります。不足したアミノ酸の成分を補充すれば成長ホルモンの分泌が促進でき、若い時のようにペニスが増大する効果が期待できます。

アルギニンは成長ホルモンの生成を促してペニスを増大させるために必要不可欠な成分のひとつなので、多くのペニス増大サプリに配合されています。ちなみにアミノ酸の成分は大豆製品に多く含まれており、多くのペニス増大サプリに配合されている成分も大豆を原料としています。

まとめ

ペニス増大サプリの多くはアルギニンが配合されていますが、これは男性器を増大させるために必要な成長ホルモンの分泌を促す目的があります。成長ホルモンは身体の老化を防止する働きがあるので、ペニス増大の他にも疲労や精力減衰にも効果的です。

ペニス増大サプリを使用すれば男性器を大きくするだけでなく、体の調子を整えて若々しい状態を保つことができます。ペニス増大サプリを選ぶ際は、成長ホルモンの分泌を促進するアルギニンがしっかり配合されていることを確認すると良いでしょう。